歯科医師インタビュー

医療法人社団 栗林歯科医院 歯科医師 川野 裕貴子 先生

医療法人社団 栗林歯科医院 歯科医師 川野 裕貴子 先生
川野裕貴子 先生

川野 裕貴子(カワノ ユキコ)
出身大学:日本大学松戸歯学部
経験年数:2年

どんな歯科医師を目指していますか?

今の目標は、患者様に信頼されるような歯科医師になりたいと思っています。
そして最終的には様々な分野に明るい歯科医師になりたいと思っています。
その人のやる気によっても限度はありますが、患者さんのやりたいという処置の要望に応えられるようになりたいと思っています。

今一番興味のある治療分野は?

歯周病と矯正です。
特に歯周病は栗林歯科医院に入ってから興味を持ちました。
理事長から、歯周病も大事な分野だという話を聞いていたのと、歯周病の患者様の状態を見たのも伴ってとても大事だと思いました。
虫歯を治療しても、治した歯が歯周病で抜けてしまう患者様がたくさんいて、虫歯を直すだけでは足らないと思いました。
実際、患者様には歯周病という意識があまりなく、「前の歯医者では歯周病について言われなかった」という話をよく聞くので、歯周病治療の大事さを感じています。

最初の勤務先を選んだ決め手は何ですか?

Dr.の人数と設備・理事長の人柄・医院の雰囲気です。

特に、Dr.が多いといろんな治療の考え方が知れますし、とてもプラスなことだと思っています。
栗林歯科医院は本院と第二診療所で得意分野が異なり、様々な分野の異なった意見が聞けるのでいい刺激になっています。
実際、本院は矯正に特化し、第二診療所は外科に特化してるので、分野によって色んなDr.を頼らせていただいています。
それと、理事長にスライドを使用して説明していただき、マニュアルがあることと共に「わからないことは何回聞いても大丈夫だよ」と言われたのが勤務先を選んだ決め手です。

キャリアアップに必要だと思う事を教えてください。

治療をとことんやるしかないと思っています。
口腔内と模型は違うので、様々な症例を見て、患者さんと触れ合っていくことが何より大事だと思います。

ご勤務先を探す上で重要視した内容はどんな事でしたか?

立地・設備・規模・教育システムです。

郊外にあったり、地元密着型のところよりも、ある程度往来があり人口が多い東京か千葉で就職先を探していました。
最初は東京で探していましたが、求めていた規模よりも大きかったり、小さかったり、なかなか自分の求めている条件で見つからなかったので、千葉県内で探そうと思いました。
もともと千葉県松戸市に住んでいたので、雰囲気が分かっていたというのも千葉県を範囲に入れた理由です。
最初は見学もほぼしたことなかったのであまり実感がわかず、最初は週の休みや立地などのプライベートなことを重視して選んでいました。