歯科医師インタビュー

医療法人社団 栗林歯科医院 歯科医師 和田 俊一郎 先生

和田俊一郎 先生

和田 俊一郎(ワダ シュンイチロウ)
出身大学:北海道医療大学歯学部
経験年数:2年

どんな歯科医師を目指していますか?

どの処置も満遍なくできるような歯科医師になりたいと思っています。
実家が田舎なので、後々、父の医院を継ぐことを考えて、満遍なくできなければいけないなと感じました。
また、父は得意分野がデンチャーですが、どの分野も苦手だと言わずに処置しているのを見ると自分もそうなりたいです。
今、栗林歯科医院に勤務していて様々なことを学べる環境にあるので、その機会を無駄にせずに学べることはすべて学びたいと考えています。

その目標を達成するため、まずは院内で行っている処置を一通りできるようになりたいです。

今一番興味のある治療分野は?

エンド治療です。

歯科医師になり、栗林歯科医院に入ってからエンドがやりたいと強く思うようになりました。
院内にマイクロスコープが常設されていたので使用してみたらとても難しく、もっと勉強しなければいけないなと思いました。
実際に今もマイクロスコープを使った処置が多いので、更なるスキルアップを目指して学びを続けていきたいです。

最初の勤務先を選んだ決め手は何ですか?

教育体制・理事長の人柄・設備です。

田中先生と知り合いだったことがきっかけで栗林歯科医院を知りました。
実際に見学に来てみると、マニュアル等の教育体制がしっかりしていて教育熱心だなと思いました。
それと理事長の人柄も就職を決めた理由で、栗林理事長と話してみて直感で「ここに就職したい!」と思いました。
設備面では、今まで地元北海道の医院しか見たことがなかったので、栗林歯科医院を見てまず外観がすごく綺麗だなと思いましたし、診療器具を見たら設備も整っていると思いました。
Dr.にとって診療設備は治療に直結するので、就職先を選ぶ上で外せないと思いました。

キャリアアップに必要だと思う事を教えてください。

難症例に飛び込み、逃げずにやることです。

それと分からないことがあったらしっかり先輩に質問して理解を深めることも大事だと思っています。
難症例に関わらず何事においても事前準備が大事だと思うので、空き時間を有効活用してしっかりと1つ1つの処置に取り組んでいきたいと思っています。

ご勤務先を探す上で重要視した内容はどんな事でしたか?

設備・スタッフ間の雰囲気・誠実に治療してるかの3つの点です。

最新設備が整った医院がいいと思っていました。
それと、Dr.だけでなく全スタッフの雰囲気がいいところを探していて、見学の際に、栗林歯科医院はとても人間関係がいいところだなと思いました。
立地に関してはできれば都内の方が良かったですが、住んでいた場所が元々田舎なので栗林歯科医院の立地は特に問題ではなかったです。